これからの仕事の場|将来役に立つ介護の資格は取っておいたほうがいい

将来役に立つ介護の資格は取っておいたほうがいい

ハート

これからの仕事の場

整体

門戸も広く働き甲斐がある

進行しつつある高齢化の日本において、医療関係の仕事の需要は高まり続けています。その中で理学療法士の仕事は特に求められおり、それを表すように就職率も非常に高く、給与や福利において高待遇で迎えられることもあります。国の指針より病院における入院患者は減り続けていますが、そのぶん在宅での介護などが増えており、理学療法士の仕事の場は訪問リハビリなど幅広くなっています。理学療法士は男女比がほぼ半々になっていて、結婚出産後もすぐに復帰するなど、門戸は広くなっていることも特徴になっています。理学療法士試験の合格率は以前までは9割を超える高い水準でしたが、いまは8割を切っており、決して易しい試験ではないことを知っておきましょう。

しっかりと勉強すれば

理学療法士は国家資格になっていますから、受験するには一定の条件があります。指定の学校で3年以上の知識や技能を身につける必要があります。試験は年一回で、一般試験と口述試験が二日にわけて行われます。理学療法士試験は受験者数が右肩上がりになっていて、そのせいもあるかもしれませんが、合格率は年々下がり続けています。有資格者は就職率がかなり高く、職場を選ばなければほぼ就職できると考えても良いでしょう。合格率を見て難しいと考える人がいるかもしれませんが、しっかりと3年間勉強すれば問題なく合格できるでしょう。今後も需要は高まっていくことが予想されますので、合格率はこれから上昇していくことも十分考えられます。