医療と福祉のアドバイザー|将来役に立つ介護の資格は取っておいたほうがいい

将来役に立つ介護の資格は取っておいたほうがいい

ハート

医療と福祉のアドバイザー

女性

専門家として働く公務員

医療ソーシャルワーカーは社会福祉の専門家とされ、それぞれの職場で国家公務員として働くことになります。そして、この専門資格は福祉分野だけではなく心理学や看護学とも関連性が深いものです。その結果として大学でこれらの学問を専攻した方に注目されている職種です。この医療ソーシャルワーカー資格は大学で福祉関連の科目を専攻することが一般的とされ、且つ医療機関や保健所等で異なる専門資格を取得していることが必要とされています。そして、このソーシャルワーカーは福祉施設だけではなく、介護の現場でも必要とされていることから急速にニーズが拡大していることが特徴なのです。従って、医療ソーシャルワーカー資格を取得することで医療機関や福祉関連の施設で患者やその家族にアドバイスを提供することになります。

専門職のキャリアパス

医療ソーシャルワーカー資格を取得する方法としては大学や大学院で福祉関連の学科を専攻するという方法が一般的です。しかし、そのほかにもこの専門資格を取得する方法があります。これは専門学校を卒業し公務員の試験を受けた後で医療ソーシャルワーカーになるための経験を積む方法です。その後は受験資格が与えられるので医療ソーシャルワーカー資格を取得することが必要になります。しかし、大学院等で心理学や福祉学の専攻をせずに専門資格の取得が許可されることからこの専門職を目指す方にとって有力な選択肢とされているのです。且つ、医療機関や保健所などで医療分野のソーシャルワーカーとして働くことで現場で必要とされる知識を把握することが出来ます。その為に将来的なスキルの習得にも大いに役立つ経験となります。