将来役に立つ介護の資格は取っておいたほうがいい

男女
ナース

医療関係の資格を取得

熊本駅前看護リハビリテーション学院は企業と連携し、充実した実習や演習を実施しているのが特徴で、就職率の高さを誇っています。看護学科のほかに理学療法学科と作業療法学科があり、アクセスの良さでも知られています。

整体

これからの仕事の場

これから仕事の場が増えると予想される理学療法士ですが、最近は合格率が下がり続けています。しかし3年間きちんと勉強すれば問題なく合格できます。有資格者は就職率も高く、賃金も安定しているので、女性にも人気のある仕事になっています。

将来有望な仕事向け

介護

今後のニーズが高い

高齢化によって現場を担う方の需要が、今後ますます高まると祝入れています。そこで資格取得を検討する方もいるでしょう。まず、現場で主に働くための資格には4つあります。ホームヘルパー2級と呼ばれていた介護職員初任者研修、ホームヘルパー1級に該当する実務者研修、介護福祉士、ケアマネージャーです。介護職員初任者研修と実務者研修は認定資格ですが、介護福祉士は国家資格、そしてさらに実務経験が5年あればケアマネージャーに挑戦できます。以前は通信制で学べる内容が多かったのですが、より高いスキルが求められているので、実習などの通学部分もあると考えておきましょう。資格取得によって業界でも、良い待遇で就労することが可能です。

求められるスキル

資格はほかにもあり、介護事務や移動介護従事者としてのガイドヘルパー、そして予防をメインの仕事とする介護予防運動指導員です。保険を利用する施設では、介護報酬請求を行いますし、入所者もしくはご家族への請求計算などを行うにも、事務の担い手は必須です。車いすなどを使用して移動する利用者がいれば、ガイドヘルパーの資格を取得しておくのも、スキルアップに繋がります。また、付加価値としての介護資格もあります。福祉用具専門相談員は腰掛便座や入浴補助用具などの福祉用品に関する相談に対応します。施設に常駐することはあまりないのですが、福祉住環境コーディネーターも介護の資格の1つに入るでしょう。合格率が50%程度と難関の試験ですが、それだけ価値があります。

女性

医療と福祉のアドバイザー

医療ソーシャルワーカー資格は大学で福祉関連の学科を専攻して公務員として働く方法が一般的です。しかし、医療分野のソーシャルワーカーとして経験を積むことでも受験資格が与えられるので、複数の資格の取得方法があります。